受験合格の日本三大守護神 天皇家勅願寺
 1200年の歴史 
 三途河頭極楽東門蓮華台上阿弥陀坊太平埜山本実成院長福寿寺

   必勝合格祈願の大貳権現
(だいにごんげん)

   長福寿寺  電話0475(46)1837
    千葉県長生郡長南町長南969
    勉強やる気祈願     幼稚園・小学校     中学校受験合格     高校受験合格     大学受験合格
    就職試験合格     資格試験合格     長福寿寺の縁起     仏さまの言葉     お申込み・地図

大貳権現様からの言葉

 (だいにごんげん)
あなたは自分が心の中で考えたとおりの人間になることができます。
 
私たちを取り巻く環境は、私たち自身の心の中を映し出す鏡に他なりません。自分こそが自分の人生の創造者なのです。
 自分自身の思いによって、自分を成功者にすることも、破滅者にすることも自由自在です。

 そして、目標達成させるパワーは「それを達成できる!」 という強い信念から生まれます。
 思いと目標とが結びつかない限り、価値ある物事の達成は不可能です。
 私たちは、人生の目標をもたない時、つまらないことで思い悩んで、余計な苦悩を背負ってみたり、ちょっとした失敗ですぐに絶望してしまう傾向にあります。
 成功するためには、自分自身の思いを、自らの手で設定した目標に、強く、強く、集中して思い続けることが大切です。
 目標に集中し、意欲的に達成を目指すならば、必ず成就することができます。
 目標を完璧にやり遂げようと精進することで、集中力と実力と強運は格段に高まっていきます。必ずです。
 そして、それらが充分に磨き上げられた時、達成不可能なものは何一つなくなります。
 自分が考えたとおりの成功者になることができるのです。

 あなたは自分自身の実力・盛運を最大限に発揮し、必ず合格することができるのです。
  自分を、そして大貳権現様の御法力を信じて下さい。



■『妙法蓮華経』にはこのように説かれています。
 「道は近くとも行かなければ到達せず、事は小さくとも行わなければ成就せず。」
 …つまり、高尚な理屈を述べるだけ、出来ない理由を並べるだけでは何事も成就しません。すべては「行動」から生まれるのです。焦ることはありませんが、自分のペースで、でも着実に一歩一歩前に進み、勉強し続けましょう。時間は有限です。


みんな、心の中に仏さまがいます
  ●『自分らしく、心豊かに生きるために』 

 『阿弥陀経』の中に「池中蓮華。大如車輪。青色青光。黄色黄光。赤色赤光。白色白光。微妙香潔。舎利弗。極楽浄土。成就如是。功徳荘厳」という経文があります。  
 私自身がとても好きな経文の一つなのですが、直訳すると「池の中では、蓮の花が車輪のように大きな花びらを咲かせ、青い花は青い光を、
黄色い花は黄色い光を、赤い花は赤い光を、白い花は白い光で輝いています。その輝きは素晴らしく清浄です。舎利弗(仏弟子の一人)よ、極楽浄土とは、このような「心もち」と「生き方」を成し遂げることなのです。
そうすれば、必ず楽しく心豊かに過ごすことができるのです。」となります。
さて、「青い花は青い光を…」とは何を説いているのでしょうか。
 この経文は【自分自身の特長をよく見極め、自分らしく生きなさい。」ということなのです。
 得てして人は、自分自身を見つめることよりも、世間の噂や他人の目を気にし、振れ回され、自分自身の本当の良さを見失っているものです。
 この『阿弥陀経』では、【それぞれの人が、自分の持てる力を最大限に輝かせ、その素晴らしい力を、みんなの為に活かすことが、「心豊かに、楽しく生きるための秘訣」なのです。】と説いているのです。
 また、自分が自分らしく生きていれば、他人を他人らしく、そのまま認めることができ、いがみ合いも起きません。
 この「心もち」と「生き方」を日々の生活の中で活かし、楽しく愉快で、みんなと仲良く過ごせる毎日をおくって下さい。
 

■学を修めるとは…  夢窓疎石(1275〜1351) 
            鎌倉末期〜南北朝時代に活躍した臨済宗の僧侶

 一日の学問 千載の宝
 百年の富貴 一朝の塵
 一書の恩徳 万宝に勝る
 一言の教訓 重きこと千金

 わずか一日の浅い学問であっても、自分の身につけば永遠の宝となって残るが、逆に百年もの長い年月を経て蓄えられた多くの財産も、学問と違ってわずかに間に灰燼に帰すということがある。意義ある学問や書物から受ける恩恵や人格形成というものは、多くの宝物よりも貴重なものであり、師匠の述べる教訓は千金にも値するほど貴重なものである。

 
一心に合格祈願する高僧たち
勉強やる気祈願 幼稚園・小学校 中学校受験合格 高校受験合格 大学受験合格
就職試験合格 資格試験合格 長福寿寺の縁起 仏さまの言葉 お申込み・地図
COPYRIGHT 桓武天皇勅願寺 三途台 長福寿寺